2006年10月28日

出産おめでとう!

今日は会社の後輩ちゃんのお誕生日です。
実はこの後輩ちゃん、8月に退職、先週ママになりましたぴかぴか(新しい)
後輩ちゃん、ご出産&お誕生日おめでとうございますハートたち(複数ハート)

ベビーちゃんはお腹にいるときから元気いっぱい、
パパとママに似た美男子です。

そして、そして、とっても親孝行exclamation


それは、何故か・・・。



それが今日のテーマ、 

「健康保険改正のポイント(出産)」です。

1出産育児一時金の引き上げ(平成18年10月から)

健康保険では、本人(被保険者)、家族(被扶養者)が
出産した場合に出産育児一時金を受け取ることが出来ます。

この出産育児一時金の金額が、従来の1児につき30万円から
1児につき35万円に引き上げられました。
(既にママになった友達は、出産にはもっとかかる・・・とも
言っていましたが)


ちなみに、健康保険では妊娠4ヶ月(85日)以上を経過した
出産は、生まれてきた赤ちゃんの生死に関わりなく
すべて出産と扱います。


2被保険者資格を失った人への出産手当金の給付廃止
   (平成19年4月〜)

本人(被保険者)が出産のために会社を休み、賃金が出ないときに
その間の生活保障として、
健康保険から出産手当金(1日につき標準報酬日額の6割)
受け取ることが出来ます。

〔給付期間〕
産前42日間、産後56日間。
出産予定日より遅れて出産した場合は、42日間を超えても
支給されます。


会社を退職して被保険者資格を失った人
(退職前に1年以上被保険者期間がある人)が、出産手当金を
受け取っていたか、受け取る資格がある場合は継続して期間満了まで
出産手当金を受け取ることが出来ます。


8月まで、大きなお腹で勤めていた後輩ちゃんは
出産手当金を受け取ることが出来ます。


この制度、
被保険者資格を受け取った人が受けられる出産手当金は
平成19年4月から廃止されます。


一方、
被保険者の出産手当金は
平成19年4月から標準報酬日額の3分の2相当額

引き上げられます。


『いのちの誕生』というテーマを、
お金の面から取り上げてちょっと心苦しい部分も・・・あせあせ(飛び散る汗)

でも、やっぱり、

後輩ちゃんベビーは、とっても親孝行わーい(嬉しい顔)
将来がとっても楽しみですハートたち(複数ハート)





続きを読む
posted by きらり at 23:43| Comment(8) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

秋本番

こんばんは。休日はあっという間に時間が過ぎていきますね。
皆さんは、どのようにお過ごしでしょうか?

私、きらりは
焼きたてパンをたらふく食べて『食欲の秋』

図書館にぷらっと行って『読書の秋』

美容院でパーマをあてて、『オシャレの秋』・・・と

2日間秋を存分に楽しみました。


秋って、心が弾みまするんるん




田舎にいると余計でしょうか?


☆10月2週目に稲刈りを行ないました
s-P1000536.jpg


s-P1000541.jpg




☆お隣さんから栗をたくさん頂きました。

s-marron1022.jpg



☆自家製サツマイモで芋けんぴを作りました(母が)

s-s-sweets1022.jpg



☆花の苗を見に(→花を買いに)行きました。

s-garden1022.jpg

続きを読む
posted by きらり at 23:09| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

二次健康診断等給付 最終回

こんばんは。気持ちのよいお天気が続いています。
通勤途中のコスモス畑がちょうど見ごろで、毎朝清々しい気持ちで
ハンドルを握っています。格好のウォーミングアップの時間ですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


さて、二次健康診断等給付です。
お付き合いいただきまして本当にありがとうございます。

http://kirari-sr.seesaa.net/article/21567523.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/23080421.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/23131265.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/24087000.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/24740834.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/24901227.html



今回は、
医療機関の都合等により、一次健康診断の結果の通知が
著しく遅れた場合は、一次健康診断を受けた日から3ヶ月を
超えていても二次健康診断等給付を請求ですることが、
出来るが、著しく遅れるとは大体どの程度を指すのか?
という私の単純な疑問について。

きらりの会社では、健康診断を受けてから結果が届くまで約1ヶ月強。
仮に二次健康診断等給付を利用するような結果だったとしても、
それから日程調整して、申し込んで・・・としてたら
3ヶ月なんて過ぎてしまうのでは???と思ったのです。

実は、
二次健康診断等給付の請求書に答えが隠れていました。

二次健康診断等給付を請求した年月日等は・・・
二次健康診断等を医療機関に申し込んだ日
のことでした。

私は、二次健康診断を受診した日だと思い込んでいたのですが、
「申し込みの日」が3ヶ月以内であればよい様です。

天災事変により請求が出来なかった、
医療機関の都合により一次健康診断の結果の通知が著しく遅れた 
などの理由でそれでも申し込みするのが一次健康診断の日から
3ヶ月を超えている場合はその遅れた理由を請求書に書いて
提出します。




長々と引っ張っておきながら、
自分自身あまりよく分かっていないな〜という・・・悲しい状態です。
ただ、請求書を実際に入手して、条文だけでは見えていなかったことが
少し見えたような気がします。
自分が会社で、また勉強会で関わったこと以外のことにもアンテナを
立て、関心をもって取り組んでいかないといけませんね。



食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・・本当にいい季節です。
今年は、「勉強の秋」にぴかぴか(新しい)



posted by きらり at 23:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

京都の学習会10月

秋らしいお天気が続いていますね。

おかげさまで、我が家の稲刈り&乾燥&籾すりも
無事修了しました。
結局、あまり参加しませんでしたが、それでも
「収穫」は、心が弾んで、嬉しいものですねわーい(嬉しい顔)


連休中になりますが、京都の学習会に参加させていただきました。
今回は、「リスク回避」という視点からのお話でしたが、
大きくうなずいたり、「はぁ〜!!」と圧倒されたり・・・と
あっという間の3時間でした。

日頃の仕事の中で、改善した方がよいところにも気づくことが
出来ましたので、早速実行していこうと思っています。
学習会に参加すると、自分の会社のやり方しか知らないな〜と
いうことを改めて痛感します。

社員のみなさんやご家族、会社、そして自分自身のために
頑張って勉強していきたいと思います。




学習会に参加させていただいて、もうひとつ感じたこと。


それは、人といかに接するか?ということです。

今月の講師も、アツく、後輩社労士のことを真剣に考えて
くださっている先生でした。

質問にも、快く明瞭に答えていただき、また、たくさんの
あたたかいアドバイスもしていただきました。

うまく表現できないのですが、

真正面から、
相手のことを心から考えて
接しられている・・・

そんな印象を強く、強く、強く受けました。



あ〜っ。

私は、職場の人たち、友人、家族に
真正面から、
相手のことを心から考えて
接することが出来てるかな〜。



posted by きらり at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

3連休を前に。

こんばんは。今日はすっきりしないお天気でしたね。
でも、こんなお天気のおかげで、真っ青な空いっぱいに広がる
虹と会うことが出来ましたぴかぴか(新しい)

ちょうど、終業のチャイム直後だったこともあって、
同じフロアのみんなで、「何かいいことありそうやね〜」と
しばし、鑑賞タイムグッド(上向き矢印)


rainbow.jpg



本当に素敵な休日を迎えられそうでするんるん
皆さんもよい週末をお過ごしくださいねハートたち(複数ハート)
続きを読む
posted by きらり at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

二次健康診断等給付 みたび

こんばんは。国体で盛り上がっている兵庫県からのブログです。
斉藤選手のおかげで、今年の国体は例年以上に注目されていますね!!


さて、前回に引き続き二次健康診断等給付です。

実際に二次健康診断等給付を利用するとして、まず生じた疑問。

それが、

@二次健康診断等給付を請求できる基準である、
“血圧の測定、血中脂質検査、血糖検査、肥満度の測定の
 すべての項目について異常の所見が認められた”の
 異常の所見とはどこまでを指すのか?  ということでした。

二次健康診断等給付の請求用紙を見ると、

血圧の測定、血中脂質検査、血糖検査、BMIの測定  の

異常所見「有」「無」のどちらかを選択するようになっています。

きらりが勤務する会社の健康診断の結果は、
「異常なし」「経過観察」「要精検」で
コンピューター出力されるのですが、
「経過観察」も異常の所見???と不安になってきました。


で、早速問い合わせてみると、
実は、4項目それぞれに異常所見とされる数値の「目安」が
あることが分かりました。
※既に治療中の場合は、受けることが出来ません。

■血圧 
収縮期血圧140以上 または 拡張期血圧90以上

■血中脂質
血清コレステロール220mg/dl以上
HDL 40mg/dl未満
中性脂肪TG150mg/dl以上   のうちどれかひとつ

■血糖値
空腹時血糖値110mg/dl または ヘモグロビンA1c5.6%以上

■BMI 
25以上


続きを読む
posted by きらり at 23:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

二次健康診断等給付 ふたたび

こんばんは。兵庫県は雨模様の1日でした。
冬・春野菜の苗が植えられたばかりの畑には、ありがた〜い
収穫を目前に控えた田んぼには、痛〜いそんなお天気です雨


気がつくと、1週間も更新が出来ていません。
実は、二次健康診断等給付について、感じたこと、
改めて知ったことをご紹介したいと思っていたのですが、
うまくまとめきれず、ずるずる日ばかりが経過してしまいました。

このままでは、私のいつもの悪いパターンに陥りそうあせあせ(飛び散る汗)
なので、少しずつでも進めたいと思いますくつ

二次健康診断等給付について、調べるなかでいくつかの疑問点に
遭遇してきました眼鏡

それらの疑問点とは、

@二次健康診断等給付を請求できる基準である、
“血圧の測定、血中脂質検査、血糖検査、肥満度の測定の
 すべての項目について異常の所見が認められた”の
 異常の所見とはどこまでを指すのか?


A医療機関の都合等により、一時健康診断の結果の通知が
 著しく遅れた場合は、1次健康診断を受けた日から3ヶ月を
 超えていても二次健康診断等給付を請求ですることが
 出来るが、著しく遅れるとは大体どの程度を指すのか?

そして・・・

B二次健康診断等給付の請求は、一次健康診断を受けた日から
3箇月以内に行わなければならない」ことと
「二次健康診断等給付を受ける権利は、労働者が
一次健康診断の結果を了知し得る日の翌日から起算して
2年を経過したときは、時効によって消滅する」ことは、
どのように整合性を持たせているのか。



@とAは、もし私が二次健康診断等給付を利用するとすれば・・・と
考えたときに疑問に思ったこと、

Bはご質問いただいて、私自身も「???」となった内容です。


残念ながら、3つの疑問がすっきり解決したわけではありません。
ただ、改めて知ったこと、実際に二次健康診断等給付の
請求用紙を見て感じたことを次回ご紹介します。

・・・ということで、二次健康診断等給付はまだ続きます犬

posted by きらり at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。