2006年10月18日

二次健康診断等給付 最終回

こんばんは。気持ちのよいお天気が続いています。
通勤途中のコスモス畑がちょうど見ごろで、毎朝清々しい気持ちで
ハンドルを握っています。格好のウォーミングアップの時間ですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


さて、二次健康診断等給付です。
お付き合いいただきまして本当にありがとうございます。

http://kirari-sr.seesaa.net/article/21567523.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/23080421.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/23131265.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/24087000.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/24740834.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/24901227.html



今回は、
医療機関の都合等により、一次健康診断の結果の通知が
著しく遅れた場合は、一次健康診断を受けた日から3ヶ月を
超えていても二次健康診断等給付を請求ですることが、
出来るが、著しく遅れるとは大体どの程度を指すのか?
という私の単純な疑問について。

きらりの会社では、健康診断を受けてから結果が届くまで約1ヶ月強。
仮に二次健康診断等給付を利用するような結果だったとしても、
それから日程調整して、申し込んで・・・としてたら
3ヶ月なんて過ぎてしまうのでは???と思ったのです。

実は、
二次健康診断等給付の請求書に答えが隠れていました。

二次健康診断等給付を請求した年月日等は・・・
二次健康診断等を医療機関に申し込んだ日
のことでした。

私は、二次健康診断を受診した日だと思い込んでいたのですが、
「申し込みの日」が3ヶ月以内であればよい様です。

天災事変により請求が出来なかった、
医療機関の都合により一次健康診断の結果の通知が著しく遅れた 
などの理由でそれでも申し込みするのが一次健康診断の日から
3ヶ月を超えている場合はその遅れた理由を請求書に書いて
提出します。




長々と引っ張っておきながら、
自分自身あまりよく分かっていないな〜という・・・悲しい状態です。
ただ、請求書を実際に入手して、条文だけでは見えていなかったことが
少し見えたような気がします。
自分が会社で、また勉強会で関わったこと以外のことにもアンテナを
立て、関心をもって取り組んでいかないといけませんね。



食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・・本当にいい季節です。
今年は、「勉強の秋」にぴかぴか(新しい)



posted by きらり at 23:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。