2007年04月13日

高額療養費の制度が変わっています

この辺りは、夕方から春の嵐でした。
残念ながら、今年の桜の花も見納めになりそうですたらーっ(汗)
皆さんのお住まいの地域はいかがですか?


さて、今日は久しぶりに法改正に関する話題です。
ご存知の通り、この4月から医療制度で様々な改正が
実施されています。
いくつかある改正点の中で、今回は“高額療養費制度”について紹介したいと思います。

70歳未満の方の入院時の高額療養費ですが、
従来はいったん医療費の3割を支払っておいて、
後から保険者へ申請することで、払い戻しを受けていました。

それが、

この4月から窓口で支払うのは自己負担限度額までですみ、
窓口支払いの負担が軽くなっています。


ただし!

これには、事前に保険者への申請が必要なのです・・・。

入院し、医療費が高額になることが予想される場合、
事前に保険者(健康保険組合・社会保険事務所)へ申請して、
限度額適用認定証」を発行してもらいます。

病院の窓口でこの認定証を提示してはじめて、
自己負担限度額までの支払いですみ、窓口での負担が軽減されます。
つまり、この「限度額適用認定証」がないと、
従来どおりいったん医療費の3割を支払い、後から
払い戻しを受けることになります。
実は、私、最近までこのことに気づいていませんでした。

自動的に窓口で支払うのは自己負担限度額までだと思って
いました。勉強不足です。

入院して、医療費が高額になることが予想される場合は、
保険組合等へはやめに申し出られることをおススメします。

健康なのがなにより一番ですが、こういう制度を
知っているのと知らないのでは、大違いですね。
それとも、もしかして病院で説明してくれるのでしょうか・・・。
posted by きらり at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。