2007年12月09日

社労士年金研修とCDA忘年会

師走の週末、皆さんはどのようにお過ごしだったでしょうか?
比較的、暖かく過ごしやすい2日間でしたね。

私は昨日8日土曜日、宝塚で社労士会の研修を、
そして、梅田でCDA同窓生の忘年会に行き、心に、頭に、(そして身体にも)
たくさんの栄養補給をすることができました。

☆兵庫県社労士会東ブロック研修会
テーマは、「平成19年度の主な年金改正」
講師は年金社労士のエキスパートとして有名な宮城準子先生
開催を知ったときからとても楽しみにしていた研修会です。

遺族年金の見直し、老齢厚生年金の繰り下げ、
70歳以上被用者の老齢厚生年金の支給停止、
離婚時の厚生年金の分割制度、ねんきん特別便
について、テンポよく話してくださいました。

勤務社労士の私が、特に気をつけておきたいと思ったのが、
・70歳以上被用者の老齢厚生年金の支給停止 
 来年4月から75歳以上の後期高齢者医療制度もスタートする
 予定なので、厚生年金(70歳)、健康保険(75歳)それぞれで
 必要な手続きが増えることになります。

・ねんきん特別便の送付 
2007年4月から2008年3月にかけて、いわゆる「宙に浮いた記録」が
結びつくと“推定される”人を対象に、「ねんきん特別便」として、年金記録が郵送されます。
会社の掲示板には、社会保険庁のHPから
http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/071120nenkin.html
特に必要だと思うことをピックアップして、案内していたのですが、
私自身では気づくことができなかった注意点を聞かせていただくこと
が出来ました。来週の今頃には、「ねんきん特別便」が届いている人が
いるかもしれません。しっかり復習して、的確な答えが出来るように
しておきたいと思います。

 ちなみに、結びつく記録があると“推定されない”人は、年金受給者は2008年4月から5月、被保険者は2008年6月から10月に「ねんきん特別便」が郵送されます。
 続きを読む
posted by きらり at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。