2007年01月24日

所得税と住民税が変わります

こんばんは。今日も寒い一日でしたね雪

さて、私が勤務する会社は明日25日が1月のお給料日演劇
ということで・・・今日は所得税と住民税について少しご紹介。

平成19年より地方分権を積極的に進めていく「三位一体改革」の目玉、
税権委譲」が実施されます。

これは、国税の所得税と地方税の住民税の税率を変えることで、
地方の税収を増やし、住民により身近で、よりよい行政サービスを
実施することを目的としています。

所得税(平成19年1月〜)  
税率を4段階から6段階に細分化(基本的に減る)
住民税
(平成19年6月〜)  
税率を一律10%に>(基本的に増える)


所得税と住民税を合わせた税率は変わらないように制度が作られているので、
「所得税+住民税」の合計負担は基本的には変わりません。


所得税(減る)は1月から、
住民税(増える)は6月からの適用なので・・・
明日のお給料明細はどうなっているのか???

う〜〜ん。

ついつい、少し期待してしまいまするんるん

あっ。でも。定率減税は廃止される〜もうやだ〜(悲しい顔)



私の説明ではあまりに大雑把なので・・・
詳しくは、こちらからどうぞ。

http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/pdf/061027_3_2.pdf

このリーフレット、
とっても気に入って会社の掲示板でも紹介しましたわーい(嬉しい顔)

税源委譲以外の変更点も要チェックです眼鏡
posted by きらり at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 総務手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
そうそう、税金変わったのよね。
本当にトータル税額減るのかしら・・・!?
と、かなり勘ぐりになってしまう。

高齢社会の加速によって、
社会保障費削減といわれているけれど、
もっと安心して老後が送れる世の中に
ならないものかと思うよ。。

事業所のためのみならず、
例えば高齢者のために、
社労士はどんな役割を担えるだろうかと
考えてしまうわ。

Posted by みかん at 2007年01月30日 00:03
みかんちゃんありがとう。

トータル税額は、
たぶん変わらないと思う。
私は、ついつい目先の事ばかりを
考えてしまって・・・(^^ゞ

>高齢者のために・・・

そうだね。
介護保険も勉強しないといけないね!


Posted by きらり at 2007年01月30日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。