2007年05月05日

今日はこどもの日

こんばんは。こちらは、何とか今日もお天気がもちましたよ。
皆さんのお住まいのところはいかがでしたか?

今日は、こどもの日ですね。

ということで exclamation  exclamation&question 

「資格喪失後の出産手当金」について、お届けしたいと思います。

ご存知のとおり、平成19年4月から健康保険、年金制度について
様々な法改正がありました。
その中のひとつが、「資格喪失後の出産手当金の廃止」です。

実は、このテーマについては以前にも紹介したことがあります。 
→ http://kirari-sr.seesaa.net/article/26372823.html


続きを読む
posted by きらり at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

支部総会に行ってきました

おはようございます。
近畿地方は、お天気何とかもちそうですね。
皆さんは、どのような休日をお過ごしでしょうか?


さて先週、社労士会の支部の定時総会に参加してきました。
会社員ということもあり、平日の活動に出席する事がなかなか難しく、
支部の活動に参加するのは昨年の総会以来なんと1年ぶりたらーっ(汗)
行く前はとにかく緊張で、お腹がきりきりと痛くなるほどでした爆弾
続きを読む
posted by きらり at 08:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

高額療養費の制度が変わっています

この辺りは、夕方から春の嵐でした。
残念ながら、今年の桜の花も見納めになりそうですたらーっ(汗)
皆さんのお住まいの地域はいかがですか?


さて、今日は久しぶりに法改正に関する話題です。
ご存知の通り、この4月から医療制度で様々な改正が
実施されています。
いくつかある改正点の中で、今回は“高額療養費制度”について紹介したいと思います。

70歳未満の方の入院時の高額療養費ですが、
従来はいったん医療費の3割を支払っておいて、
後から保険者へ申請することで、払い戻しを受けていました。

それが、

この4月から窓口で支払うのは自己負担限度額までですみ、
窓口支払いの負担が軽くなっています。


ただし!

これには、事前に保険者への申請が必要なのです・・・。

入院し、医療費が高額になることが予想される場合、
事前に保険者(健康保険組合・社会保険事務所)へ申請して、
限度額適用認定証」を発行してもらいます。

病院の窓口でこの認定証を提示してはじめて、
自己負担限度額までの支払いですみ、窓口での負担が軽減されます。
つまり、この「限度額適用認定証」がないと、
従来どおりいったん医療費の3割を支払い、後から
払い戻しを受けることになります。
実は、私、最近までこのことに気づいていませんでした。

自動的に窓口で支払うのは自己負担限度額までだと思って
いました。勉強不足です。

入院して、医療費が高額になることが予想される場合は、
保険組合等へはやめに申し出られることをおススメします。

健康なのがなにより一番ですが、こういう制度を
知っているのと知らないのでは、大違いですね。
それとも、もしかして病院で説明してくれるのでしょうか・・・。
posted by きらり at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

健康保険の傷病手当金〜2〜

こんばんは。今日も暖かな1日でしたね。
会社で昨日、今日と続けて、ご家族の健康保険の給付や
親友の出産・育児に関する手続きについての質問を受けました。
分からないこと、困っておられることがすっきり解決するような
お返事を心がけて頑張りたい!と思います。


「○○に聞いたら、ちょっとは何か分かるかもよ〜」と、
思っていただけたのかな・・・などとひとり勝手に喜んでいます。


さて、傷病手当金の2回目。
今日は支給要件について、もう少し詳しく。
前回紹介したとおり、傷病手当金の支給要件は3つ。

1 療養のためであること

2 労務不能であること

3 3日以上継続して休業していること

申し訳ありません!大切な要件が抜けていますね!!

4 報酬の一部または全部を受けられないこと )


それぞれをもう少し詳しく見て行きたいと思います。



1 療養のためであること

保険給付の療養に限らず、例えば自宅療養や自費診療も対象に
なります。ただし、健康保険で療養を受けられないことになっているものについては傷病手当金も支給されません。例えば、美容整形手術などは支給されません。


2 労務不能であること
今までの業務に就けない状態のことを言います。
支給申請用紙には、療養を担当した医師の意見を記入する欄が
ありますので、医師が「労務不能」期間等を証明します。

傷病手当金が、所得を保障する給付という性質上、1ヶ月毎に医師の証明をもらい、1ヶ月後毎に申請するケースが多いのではないでしょうか。実際、私の周りの方もそうされていました。


「労務不能」については、
医師の証明等を参考にして、最終的な判断は
保険者(健康保険組合等)が決定します。
判断がつきにくい場合は、専門機関の意見を聞く様です。


3 3日以上継続して休業していること
療養のための労務不能状態が3日間続くと「待機」が完成します。この3日間については、有給無給は問いませんし、休日が入っていてもかまいません。
尚、業務終了後に発生した場合、その翌日を第1日目とします。

継続して3日以上・・・ですが、連続して3日以上休んでいないといけません。つまり「休休休」の状態がないといけないわけです。
「休休出休出休」・・・これでは、待機は完成していません。


続きを読む
posted by きらり at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

健康保険の傷病手当金〜1〜

こんばんは。日中は暖かい毎日が続いています。
私が住む地域では、梅の花もちらほらと咲きはじめましたかわいい
梅の花って、桜の花とはまた違った愛らしさがありますね。


さて、前回予告しましたとおり「傷病手当金」について、
紹介していきたいと思っています。
というのもここ数ヶ月、資格喪失後の傷病手当金、
任意継続の傷病手当金、老齢厚生年金と傷病手当金・・・等
傷病手当金と関わる機会が多くありました。

自分自身の復習のために、また法改正もありますので、
数回に分けて取り上げたいと思います。どうぞお付き合いくださいハートたち(複数ハート)


今日は、オリエンテーションカチンコ


ということで・・・

「健康保険の傷病手当金」とは?

健康保険の被保険者が業務外の傷病で労務不能となり、
所得が減少または喪失した場合、被保険者とその家族の生活を
保障するために設けられた制度


傷病手当金が、支給されるための要件は3つ
この3つの要件に該当しないと受給は出来ません。

1 療養のためであること

2 労務不能であること

3 3日以上継続して休業していること


次回は、3つの要件についてもう少し詳しくお届けしたいと
思います。
posted by きらり at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

社労士会の研修会

こんばんは。
今日から仕事始めの方も多かったのではないでしょうか?
私が勤める会社でも、昨日とは一転、新年の挨拶のお客様の
多い1日でした。
(お年賀で頂く和菓子の数々・・・この時期ならではの楽しみでするんるん


さて昨日、社労士会より1月号の会報が届きました。
こちらも1月ということで、会長、関係公的機関の局長・・・の新年のご挨拶がページを飾っています。

さて、私が毎回気にしてみるところ・・・それは研修会の案内のページです。
全体、ブロック、支部毎に研修会が開催されるのですが、
その案内が会報と社労士会のホームページに掲載されています。

研修会のテーマはもちろんですが、
「会社員の」そして「田舎に住んでいる」私にとって
重要なチェックポイントは、「いつ開催されるか?」ということ!!


是非勉強したいと思うテーマでも平日開催の場合、
有休を取る、または 上司に研修参加の許可を得る・・・という
大きな関門がありますもうやだ〜(悲しい顔)


今月の会報には、
2月の平日2日間に開催される「改正法令研修会」の案内が
載っていました。

これは、是非とも参加したいです眼鏡



さぁ・・・どうするか・・・。締め切りまで2週間。
じっくり作戦を練りたいと思います。



先輩勤務社労士の方々は皆さんどうされているんでしょう・・・

posted by きらり at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

しろくまさん勉強会

今日は2ヶ月に1回の同期合格の方を中心とした勉強会。
メンバーは少人数ですが、毎回「アツい」勉強会です。
(私は、いつもお話を聞くだけで精一杯・・・ドコモ提供


今回のテーマは、「育児休業法」と「労災の第三者行為」
「育児休業法」
ケーススタディを交え、事業主、労働者それぞれから
相談を受けたらどう対応するか・・・ということを考えました。


「第三者行為」

こちらもケーススタディ。
アッ驚く内容(私が無知なだけか・・・)もあり、かなり衝撃でした。

条文では、分からない(気づかない)部分が見えてくるところのが
ケーススタディのよいところ!「へ〜っ」と思うことの連続です・・・。
いろいろあります。・・・本当にいろいろありますね。


次回からは、就業規則に取り組む予定です。

続きを読む
posted by きらり at 23:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

資格喪失後の傷病手当金

気がつけば、11月も残り10日。
年末調整の申告書と格闘する季節がやってきましたあせあせ(飛び散る汗)
『格闘』という言葉がピッタリです・・・雪



今日、傷病手当金の申請用紙を作成していて、
ふと、法改正で資格喪失後の傷病手当金はどうなるんやったっけ〜? と
気になりました。

早速、健康保険組合から配布されたリーフレットを見てみると、

平成19年4月より任意継続被保険者への
出産手当金・傷病手当金の支給、資格喪失後の出産手当金は廃止されます。


ペン

資格喪失後の傷病手当金 については何も書かれていません。

つまり改正なし、今までどおり支給されます


資格喪失後の傷病手当金
資格喪失日の前日までに継続1年以上の被保険者期間があり、
かつ、資格を喪失した際に傷病手当金を受給しているか、
または受給できる状況にある場合に、支給期間(1年6ヶ月)が満了するまで支給されます。


何となく、自分の中で疑問に感じる部分があって、
健康保険組合に手続きに行った際に聞いてみました。

が、残念ながら、
来年4月の改正のことまで意識はいってない、そんな様子でしたたらーっ(汗)


もうやだ〜(悲しい顔)



例えば、平成19年4月30日に退職した人が任意継続制度を利用した。
A)4月30日の段階で、傷病手当金を受給、または受給できる状態だった
  →→傷病手当金を引き続き受給できる。
B)4月30日までは働いて(労務可能で)、退職後に入院(労務不可能)
  →→傷病手当金は受給できない
 (任意継続している、していないは関係ない)


こういうことでいいんですよね・・・。


posted by きらり at 23:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

勤務社労士として登録する

こんばんは。ブログのデザインを変えてみました。
私の好きなグリーンを基調としていて、字も大きくなったので
気に入っているのですがいかがでしょうか?

ブログをご覧頂いていたよしみさんより
「勤務社労士」として登録することについて、ご質問いただきました。
私自身、
新月社会保険労務士として登録するかどうか、
新月登録するなら「勤務登録(会社)」か「その他登録か(自宅)」
迷いました。

登録するかどうか?
という点ですが、
ご存知の通り社会保険労務士と名乗れるのは、
「社会保険労務士名簿」へ登録し、都道府県の社労士会に入会した人だけです。有資格者では、社会保険労務士業務を出来ないことになっています。

開業予定がない私の場合
登録することで「社会保険労務士」の世界から刺激、情報に
触れられるのではと思ったことが登録のきっかけです。
登録しなかったら「社労士」とは無縁の毎日になってしまう・・・という
不安がありましたたらーっ(汗)

実際、登録して、社労士会での集まりや個人的に参加している学習会などで
勉強熱心で、暖かくて、前向きな先生方とお会いすることが出来、
1年前に比べて、自分自身の考え方、モノの見方も少し変わってきた様に
感じています。

次に「勤務登録」か「その他登録」かについて
私は会社で総務の仕事をしていて、勤務社労士として登録することを
会社も認めてくれましたので、「勤務登録」しました。
ただ、勤務かその他での違いはほとんどないように思います。
私の周りにも、実際に仕事では関わらないから、支部が変わってくるから・・・等の理由で「その他登録」されている方もいらっしゃいます。

会社にとって勤務社労士がいることのメリット
法改正が頻繁に行なわれていますし、労働者の「立場」も年々変化し、
メンタルヘルスや高齢者雇用等の問題も浮上しています。
法の専門家が社内にいるというのは、強みだと思います。
そのためにも、常に勉強し、新しい情報を仕入れておかなければ
いけませんね。(自分自身に言い聞かせています。)

私の場合、年金、再雇用制度、障害者雇用、助成金・・・などなど
ちょっとした事を聞かれることが増えました。
(会社の強みになっているかどうかは不安です・・・。)

また、手続きによっては社会保険労務士の署名があれば
添付書類が免除される場合があります。
ただ、私は、実際に「社会保険労務士」として署名をしたことが
どれほど会社にメリットがあるかはよく分かりません。ゴメンナサイ。



私の場合、登録することで、
(私自身)
モチベーションアップにつながった
世界、考え方が広がった
(会社)
法律の事を知っている社員が会社にいる
=聞けば、何らかの答え、資料を探してこようとする・・・

というのがそれぞれのメリットかなあと思っています。




ただいま、自分が出来ること、したいこと、すべきことを模索中です眼鏡
posted by きらり at 01:11| Comment(9) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

二次健康診断等給付 最終回

こんばんは。気持ちのよいお天気が続いています。
通勤途中のコスモス畑がちょうど見ごろで、毎朝清々しい気持ちで
ハンドルを握っています。格好のウォーミングアップの時間ですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


さて、二次健康診断等給付です。
お付き合いいただきまして本当にありがとうございます。

http://kirari-sr.seesaa.net/article/21567523.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/23080421.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/23131265.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/24087000.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/24740834.html
http://kirari-sr.seesaa.net/article/24901227.html



今回は、
医療機関の都合等により、一次健康診断の結果の通知が
著しく遅れた場合は、一次健康診断を受けた日から3ヶ月を
超えていても二次健康診断等給付を請求ですることが、
出来るが、著しく遅れるとは大体どの程度を指すのか?
という私の単純な疑問について。

きらりの会社では、健康診断を受けてから結果が届くまで約1ヶ月強。
仮に二次健康診断等給付を利用するような結果だったとしても、
それから日程調整して、申し込んで・・・としてたら
3ヶ月なんて過ぎてしまうのでは???と思ったのです。

実は、
二次健康診断等給付の請求書に答えが隠れていました。

二次健康診断等給付を請求した年月日等は・・・
二次健康診断等を医療機関に申し込んだ日
のことでした。

私は、二次健康診断を受診した日だと思い込んでいたのですが、
「申し込みの日」が3ヶ月以内であればよい様です。

天災事変により請求が出来なかった、
医療機関の都合により一次健康診断の結果の通知が著しく遅れた 
などの理由でそれでも申し込みするのが一次健康診断の日から
3ヶ月を超えている場合はその遅れた理由を請求書に書いて
提出します。




長々と引っ張っておきながら、
自分自身あまりよく分かっていないな〜という・・・悲しい状態です。
ただ、請求書を実際に入手して、条文だけでは見えていなかったことが
少し見えたような気がします。
自分が会社で、また勉強会で関わったこと以外のことにもアンテナを
立て、関心をもって取り組んでいかないといけませんね。



食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・・本当にいい季節です。
今年は、「勉強の秋」にぴかぴか(新しい)



posted by きらり at 23:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

二次健康診断等給付 みたび

こんばんは。国体で盛り上がっている兵庫県からのブログです。
斉藤選手のおかげで、今年の国体は例年以上に注目されていますね!!


さて、前回に引き続き二次健康診断等給付です。

実際に二次健康診断等給付を利用するとして、まず生じた疑問。

それが、

@二次健康診断等給付を請求できる基準である、
“血圧の測定、血中脂質検査、血糖検査、肥満度の測定の
 すべての項目について異常の所見が認められた”の
 異常の所見とはどこまでを指すのか?  ということでした。

二次健康診断等給付の請求用紙を見ると、

血圧の測定、血中脂質検査、血糖検査、BMIの測定  の

異常所見「有」「無」のどちらかを選択するようになっています。

きらりが勤務する会社の健康診断の結果は、
「異常なし」「経過観察」「要精検」で
コンピューター出力されるのですが、
「経過観察」も異常の所見???と不安になってきました。


で、早速問い合わせてみると、
実は、4項目それぞれに異常所見とされる数値の「目安」が
あることが分かりました。
※既に治療中の場合は、受けることが出来ません。

■血圧 
収縮期血圧140以上 または 拡張期血圧90以上

■血中脂質
血清コレステロール220mg/dl以上
HDL 40mg/dl未満
中性脂肪TG150mg/dl以上   のうちどれかひとつ

■血糖値
空腹時血糖値110mg/dl または ヘモグロビンA1c5.6%以上

■BMI 
25以上


続きを読む
posted by きらり at 23:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

二次健康診断等給付B

こんばんは。今日は真っ青な空が広がる気持ちのよい1日でしたね晴れ
『食欲の秋』がどんどん近づいているのを実感しますモバQ

さて、
定期健康診断
http://kirari-sr.seesaa.net/article/21567523.html

二次健康診断等給付
http://kirari-sr.seesaa.net/article/23080421.html

二次健康診断等給付A
http://kirari-sr.seesaa.net/article/23131265.html

と引っ張り続けている二次健康診断等給付たらーっ(汗)

前回までにご紹介したとおり定期健康診断等で、血圧、血中脂質検査、
血糖検査、肥満度の測定のすべての項目について異常の所見が
認められた場合、受診者の負担なしで二次健康診断を受診することが
できます。

今回は、その続きです。

■特定保健指導
二次健康診断1回につき1回、医師又は保健師からの下記の3項目に
ついての指導を受けることが出来ます。

○栄養指導
 適切なカロリーの摂取等、食生活上の指針を示す指導。

○運動指導
 必要な運動の指針を示す指導。

○生活指導
 飲酒、喫煙、睡眠等の生活習慣に関する指導。

この特定保健指導は、脳・心臓疾患の発症の『予防』を
図るための医師または保健師による指導ですので、二次健康診断の結果、
脳血管疾患又は心臓疾患の症状を有していると診断された場合は
受けることができません。


■健診給付病院等
労災病院または都道府県労働局長が指定する病院もしくは診療所(健診給付病院等)で、
現物給付という形で支給されます。受診者の負担はありません。
尚、健診病給付病院等は各都道府県の労働局や労働基準監督署などで紹介されています。

■給付を受けることができる回数 
二次健康診断等給付は、1年度内(4月1日から翌年の3月31日までの間)に
1回のみ受けることができます。そのため、同一年度内に2回以上の
定期健康診断を受診し、いずれの場合も二次健康診断等給付の要件を
満たしている場合でも、二次健康診断等給付はその年度内に1回しか
受けることができません。


引っ張り続けている労災保険の二次健康診断等給付シリーズ。
あと1回だけ続けたいと思います。
posted by きらり at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

神戸の勉強会

昨日は、受験生時代の同窓生中心の勉強会に参加してきました。
この勉強会は実際に『話す』『体験する』スタイルで、進んでいくので
行く前から何とも言えない緊張感があります。


今回のテーマは、
1一括有期事業の新規適用手続き(労災)
241条該当者(管理監督者)の労務管理(労働基準法)

復習のため、少し振り返りたいと思います。
もしよければ、お付き合いください。


1一括有期事業の新規適用手続き

リフォーム会社を始めた社長さんが、労働保険の手続きについて
社労士さんのところへ相談に来られたという設定でのロールプレーイング
(当日までの宿題)保険関係成立届・労働保険概算保険料申告書の作成

実際にお2人の方が社労士さん役で、相談に来られた社長さんに
説明をされたのですが、お2人らしく必要な情報を聞き出し、
手続きについて説明されてました。
私だったら、無言で時間が過ぎていたと思いますたらーっ(汗)

■社長さんなど相談者に説明するために必要なこと

・相談者は基礎知識がないことが多いので、おおまかなしくみから説明する
(例えば労働保険の場合、保険年度・概算保険料・確定保険料などの考え方から)

・会話の中からうまく必要な情報を聞き出す(何をしている会社か?から)

・実際にするべき手続きを分かりやすく説明する。(専門用語等はとくに注意!)

・自分勝手に推測、判断せずに社長さん、行政機関に確認する。



241条該当者(管理監督者)の労務管理

労働基準法第41条では以下のように定められています。

(労働時間等に関する規定の適用除外)
第四十一条
この章、第六章及び第六章の二で定める労働時間、休憩及び休日に
関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない。


別表第一第六号(林業を除く。)又は第七号に掲げる事業に従事する者

事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者

監視又は断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受けたもの


この41条第2号に該当する「管理監督者」について
判例も参考にしながら、管理監督者の範囲、問題点、解決方法等を話し合いました。
話せば話すほど、難しい問題だなあというのが正直な印象です。
次回は、この勉強会での「管理監督者」の見解をまとめることになっています。

みかんさん、条文・判例の準備、司会進行 お疲れ様でした!ありがとうございました!


続きを読む
posted by きらり at 02:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

京都の学習会(9月)

今日は、過ごしやすい1日でしたね。天気予報によると、9月中旬の気温だったようです。
気温の差が大きくなってきているので、健康管理には気をつけないといけませんね。

さて、3日の日曜日、京都ひよこの会の学習会に参加させていただきました。
今月も多くの出席者で、関西地区はもちろん、福井県など遠くからも
お越しになられていました。会場のセミナールームには、社労士の方々の
熱いエネルギーがあふれています。

9月の学習会のテーマは、
「是正勧告〜是正報告書はどう作る!?〜」

学習会の内容については、
みかんさんが分かりやすく、まとめてくださっています。
みかんさんのブログはこちらです。
みかん工房 http://mikan-sr.seesaa.net/

同じお話を聞いて、しっかりと吸収されているみかんさんに脱帽です。
私も、頑張らなければ・・・。


私が、今回の学習会で感じたことを少しだけ触れさせて
いただきたいと思います。

@3つの視点眼鏡
ふと気がつくと、労働者(勤続年数10年)、社労士(登録から6ヶ月)、事業主・・・
3つの視点で話を聞いている自分を発見しました。
事業主の希望通りに進めると、労働者にとって働きやすい職場になるとは
言えませんし、また、労働者の働きやすさばかり追求すると会社として
成り立たないことも考えられます。

私は、勤務社労士ですので、会社(事業主)にも社員にも
魅力ある就業規則、制度、雰囲気作り・・・を
提案できる様にこの「3つの視点」を常に意識したいと思います。


Aシミュレーションメモ
割増賃金、就業規則、高年齢者雇用安定法と再雇用時の賃金など
幅広くお話してくださったのですが、シミュレーションした数字を
挙げて説明してくださいました。
数字、図表となって現れると一目瞭然です!!
(実際、気がつくと、思わず大きく頷いてましたわーい(嬉しい顔)


日々の業務の中でも、例を挙げて、シミュレーションして
説明することを心がけていきたいと思います。


BPowerPointペン
講師の先生はPowerPoint(プレゼン用のソフト)を自由自在に操って、
講義を進められていました。
スクリーン上で図表、吹き出し、そして字の色や大きさ・・・
視覚からも講義の内容がどんどん入ってきます。
私は、まったく使ったことがないのですが、これからは、
必須のソフトですね。

会社の隣の席の子が、少し分かるようなので、一度教えてもらおうと思います。




続きを読む
posted by きらり at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

二次健康診断等給付A

今日は、過ごしやすい1日でしたね。
事務所の中よりも、外の方が爽やかな風が吹いていて、
秋が近づいてきているのを感じることが出来ました。

さて、昨日ご紹介しました2次健康診断等給付、
早速、鋭いご指摘を頂きました。

=================================

二次健康診断等給付の請求は一次健康診断を受けた日から
3ヶ月以内に行なわなければならない。
ただし、天災その他請求をしなかったことについてやむを得ない理由が
あるときは、この限りでない。
        (労働者災害補償保険法施行規則18条の19の4)

=================================

=================================
時効:
二次健康診断等を受ける権利は、労働者が一次健康診断の結果を
了知し得る日の翌日から起算して2年で時効により消滅すること。
(平成13年3月30日 厚生労働省労働基準局長名通達233号)

=================================

この2つの文章、矛盾していますね。
恥ずかしい話ですが、指摘されるまで気づきませんでした。
まったく勉強が足りませんたらーっ(汗)

「1次健康診断後3ヶ月以内に請求」と「時効の2年」、
どのように関連付けたらよいのでしょうか?

どのようにこの問題を解いたらよいか・・・正直困りましたもうやだ〜(悲しい顔)

まず、自分なりに考えてみました眼鏡


(その1)
一次健康診断を受けた日から3ヶ月以内に行なわなければならない。 

の例外として、次の2つが認められています。

1.天災地変により請求を行うことができない場合。
2.一次健康診断を行った医療機関の都合等により、
  一次健康診断の結果の通知が著しく遅れたために請求を行うことが
  できない場合。

こういった例外のケースでも時効の「2年」を過ぎると、
請求は認められないということではないか????


(その2)
二次健康診断は、3ヶ月以内だが、特定保健指導は2年以内でもよい???


どちらもまったく根拠がなく、説明に無理があります。

いろいろ考えていたのですが、やはりプロに聞くのが一番!と
公的機関に電話で問い合わせしてみました。









続きを読む
posted by きらり at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

二次健康診断等給付

夏休みもついに終わろうとしています。
学生時代のきらりは、毎年8月31日のこの時間も宿題と
格闘していたような気がします・・・ふらふら

さて、今日は「2次健康診断等給付」についてご紹介したいと思います。
以前に宴会部長さまより宿題を頂き、「健康診断」でウォーミングアップをして・・・
そのままになっていたきらりの夏休みの宿題です眼鏡

二次健康診断等給付は、過労死に結びつくと言われる脳血管疾患、心臓疾患を
予防するため、定期健康診断や入社時の健康診断で、

@血圧A血中脂質B血糖C肥満 の4項目すべてに

異常の所見が見られた場合に、
その状態を把握するための二次健康診断、
医師、保健師による特定保健指導を
受診者の負担なく受けることが出来る労災保険の保険制度です。

それでは、もう少し詳しく見ていきましょう。

満月一次健康診断の受診
雇入時健康診断、定期健康診断、
特定業務従事者(深夜業・坑内労働等)の健康診断、
(6ヶ月以上海外に派遣される)海外派遣労働者の健康診断で

新月血圧の測定

新月血中脂質検査

新月血糖検査

新月肥満度の測定

のすべての項目について『異常の所見』が認められた。

→→二次健康診断等給付を受けることが出来ます。病院

〔POINT〕
・事業者は、一次健康診断の結果に基づき、二次健康診断の対象と
 なる労働者を把握して、二次健康診断の受診を勧奨する必要があります。

・一次健康診断の結果、脳梗塞や心筋梗塞など「脳・心臓疾患」と
 診断された場合は、二次健康診断給付を受けることができません。

・二次健康診断は、1年度につき1回しか受けることが出来ません。


満月二次健康診断の受診  
     新月空腹時血中脂質検査
     
     新月空腹時血糖値検査
     
     新月ヘモグロビンA1C検査
     
     新月負荷心電図検査または胸部超音波検査

     新月頚部超音波検査
     
     新月微量アルブミン尿検査


・・・これらは心臓や脳血管の状態を把握するために必要な検査です。

この結果をもとにに脳・心臓疾患の発生の予防を図るため
医師または保健師による特定保健指導が実施されます。
続きを読む
posted by きらり at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

年金手帳が2冊〜その後のつづき〜

こんばんは。きょうは雨の1日でしたね。それにしてもよく降りましたね。

今日は「年金手帳が2冊〜その後〜」の続きをお届けしたいと思います。

社会保険庁から届いた「年金に関する大切なお知らせ」の通知ですが、
では実際にどうすればよいのでしょうか?

送られてきた封筒の中には、
[A]基礎年金番号とその番号で管理されている年金手帳の番号
[B]基礎年金番号で管理されている年金加入記録 が印字されています。

例えば、私の場合
[A]基礎年金番号のみ と
[B]Aで管理されている入社日以降の厚生年金の加入期間 が
印字されています。

この[A][B]2点を確認すると、次の3つのケースが考えられます。

1 他に加入記録がない場合

同封されている「年金手張記号番号回答票」(ハガキ)の
1.私の年金手張の記号番号はすべて[A]欄に記載されています に
○をいれて返送します。


2 他にも加入記録があり、年金番号が分かっている場合

同封されている「年金手張記号番号回答票」(ハガキ)の
2.私の年金手張記号番号のうち[A]欄に記載されていないものがあります に
○をいれ、その記号番号を記入して返送します。


3 他にも加入記録がある(またはあるかもしれない)が
 年金番号が分からない場合


「被保険者記録照会票」(A4の用紙)に加入制度、勤務先名、
所在地、勤務期間等を分かる範囲で記入し、社会保険事務所へ提出します。
12の場合、はがきを直接社会保険業務センターへ返送するのに対して、
3の場合は最寄の社会保険事務所へ提出します。
提出した「被保険者記録照会票」を基に該当する記録がないか
社会保険事務所が調査をして、結果を知らせてくれます。


・・・年金手張が2冊シリーズ、長々と続きましたが、
きらりは2のケースですので、はがきを出して来ました。

これで、一件落着かなたらーっ(汗)
posted by きらり at 22:32| Comment(2) | TrackBack(1) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

年金手帳が2冊〜その後〜

今日は暑い1日でしたね。
明石海峡大橋の近くまで出かけていたのですが、
「青い空」と「きらきら光る海」と「明石海峡大橋」の絶妙のバランスに
夏を堪能してきました。皆さんはどんな土曜日をお過ごしだったでしょうか?

さて、今日は「年金手帳が2冊」の続きのご報告です。
以前にブログで年金手帳が2冊ある場合の手続きについて紹介しました。
が、私自身の手続きが出来ていませんでした(あ〜お恥ずかしい。)


そうこうしていると・・・

こんな封筒が届いたのです!!

20060715230723.jpg
あなた自身の年金に関する大切な書類です。
必ず開封してお読みください。

社会保険庁 社会保険業務センター
(年金手帳は私が保管しているモノです)


封筒を開けると、そこには「年金手帳の記号番号調査のお願い」として、
次のようなことが書かれていました。


〜 * 〜  〜 * 〜  〜 * 〜  〜 *  〜  〜 * 〜

平成9年1月から「基礎年金番号」として、一人にひとつの番号で、
年金の加入記録や支払い記録を一元的に管理していること

それ以前は、国民年金、厚生年金、船員保険それぞれの制度で
別々に番号をとり、別々に加入記録を管理していたこと

この別々の(つまりバラバラの)加入記録を「基礎年金番号」に
結びつけるために同じ人物の番号であるという確認が必要で
あること

社会保険業務センターでは、「氏名」「生年月日」「性別」の3項目で
管理しているけれど、それだけでは確実ではないので本人の確認がいること

その確認のため、基礎年金番号以外に「年金手帳の記号番号」が
ありそうな人に順々にこの案内を送っていること

今年度は、昭和43年4月2日から昭和53年4月1日に生まれた方に
送付していること

〜 * 〜  〜 * 〜  〜 * 〜  〜 *  〜  〜 * 〜


きらりの場合は・・・

基礎年金番号で管理されている厚生年金の記録以外に
国民年金の加入の記録があるのではないですか?
ある場合、その国民年金の加入記録を基礎年金番号に登録して
おいた方がよいので、書類をよく読んで手続きしてくださいね・・・
と言うことになります。
ちなみに、同じ人物の番号である可能性がある「年金番号」が
その書類に書かれているわけではありません。


長くなってきましたので・・・
実際に書類にどんなことを書くのか?は次回ブログでご紹介させてください。

またまたつづくでごめんなさい。どうぞよろしくお願いいたします。









posted by きらり at 23:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

豆知識スランプ

昨日、今日と梅雨らしいお天気が続きましたね雨
雨の月曜の朝、いつもの2倍エネルギーが必要な気がするのは私だけでしょうか?


さて、6月も残すところ4日となりました。
が、実は6月号の豆知識が出来上がっていません。
テーマすら絞り込めていませんふらふら

早くも休刊の危機です爆弾 

今の第一候補は・・・
『自分の年金を調べてみよう!』と題して、社会保険庁のホームページの
「年金加入記録の照会」や「年金見込額の試算」の紹介をすること。
他の候補として、「標準報酬月額」、「安全衛生委員会」、「健康診断」など。
あと4日しかありません時計
明日中にはテーマを決めて取りかかろうと思います。
さぁ。何について書こうかな〜あせあせ(飛び散る汗)
続きを読む
posted by きらり at 22:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

6月は調査月間A

いよいよ。ブラジル戦が近づいてきましたね。
私は早起きして見ようと思っていますが、皆さんはどうされるのでしょう?


さて、前回の記事の最後で聞こえてきた
「あ〜っ6月は調査攻めやな〜」という上司の悲鳴!

今日はその続きです。


「書ける欄だけ書いてくれる?」という言葉と一緒に渡されたのは、

『賃金構造基本統計調査』

この調査は、労働者の賃金等の実態を

産業、地域、企業規模、性別、学齢、年齢、勤続年数、経験年数等別に

把握できる唯一の調査で、調査の結果は民間企業における賃金決定等の

資料として広く利用されているほか損害賠償請求訴訟の逸失利益の算定、

最低賃金の決定、労災保険の年金給付基礎日額の最低・最高限度額の

算定時に必須のものとなっています。


たしか、一般常識のテキストにも登場しましたよね。


この「賃金構造基本統計調査」は、常用労働者5人以上を雇用する
事業所のうち、統計理論に基づいて選定された事業所が調査対象に
なっているそうです。
(きらりの会社の一つの事業所も統計理論に基づいて選ばれたんですね)

〜 では、この調査どんなことを報告するのでしょう? 〜

まず、事業所票で

・事業所の常用労働者数(正社員・正社員以外)、
・臨時労働者数(正社員・正社員以外)、
・企業全体の常用労働者数、
・新規学卒者の初任給と採用人数 を報告します。

次に個人票で人数によって決められた抽出率で算出した労働者の
(例えば抽出率1/2なら名簿の1・3・5・7・・の人の)

・性別
・雇用形態(正社員か正社員以外か?/雇用期間の定めがあるかないか?)
・就業形態(一般か短時間か?)
・最終学歴
・年齢
・勤続年数
・役職
・職種とその経験年数
・実労働日数
・所定内実労働時間数
・超過実労働時間数
・決まって支給する現金給与額
(とその中の超過労働給与額・通勤手当・精皆勤手当・家族手当の金額)
・昨年1年間の賞与・期末手当等

上司の悲鳴も納得!まさしく、調査攻めですたらーっ(汗)


こうやって、各企業から提出された報告書の結晶は
厚生労働省のホームページで見ることが出来ます。

平成17年版はこちらです右斜め下

  『平成17年賃金構造基本統計調査(全国)結果の概況』
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z05/index.html



posted by きらり at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。